祝電を送ろう|幸せの金が鳴る結婚式|永遠の愛を誓ったら
男の人と女の人

幸せの金が鳴る結婚式|永遠の愛を誓ったら

このエントリーをはてなブックマークに追加

祝電を送ろう

花

マナーを確認

結婚式に出席できない時には、電報でお祝いの気持ちを伝える方法があります。電報はずっと残るものなので、マナーを守って喜ばれる文面にしなければいけません。特に大切なのが、忌み言葉を避けることです。重ね言葉や、別れを連想させる言葉は有名ですが、中には花言葉の意味が悪いと言う理由で避けられる花の名前もあります。自分で考えた文章を送るのも良いですが、自信のない人は定型文をベースに考えることをおすすめします。また電報を送る時は、当日までに相手に届かなければ意味がありません。結婚式よりも前に届くことは何の問題もないので、早めに送るようにして下さい。自宅に送る場合も、結婚式場に送る場合も、前日には届くように手配しておけば安心です。

相手にふさわしいものを

電報にはこれまで一般的だったペーパータイプのシンプルなものから、ぬいぐるみなどの付属品が付いたものまで幅広い種類のものがあります。当然ながら文字数や台紙のグレードだけでなく、付属品によって金額も変わります。電報は結婚式で読み上げられる可能性があるだけでなく、演出アイテムとしての役割も果たすようになってきました。送るシーンや相手との関係によって選ぶ電報も変わりますが、結婚式であれば、華やかな台紙やバルーンが付いたものなどが喜ばれます。また和風のデザインの電報も増えているので、教会式だけでなく和婚でも利用できるし、目上の人にも送れます。ほとんどがインターネットから申し込み可能なため、事前にデザインを確認できるので安心です。